事業概要

ホーム > 事業概要

主なサービス

業績向上のために5つの「見える化」アプローチで総合・個別対応が可能なサービスを提供します。

photo

(1)現状と今後のあるべき姿の「見える化」
〜会社や事業の全体構造認識のベクトル合わせ〜

関係者全員で「現場の強み・課題・問題の洗出しとそれらへの対応策」を共有することで、会社として一致団結して問題解決に取り組むことができます。

<参考>
マンガ「企業活動の現状把握と対策検討」の「見える化」
問題・課題と対応策 サンプル1
【用途例】
□ 社長以下全員で会社の問題を洗出し一丸となって対応したい。
□ 現場の実態を正確に把握し的確な施策を講じたい。
□ 「事業仕分け」したい。
□ クレームに至急対応したい。
□ 全社のリスクを明確にし予防したい。

▲ 戻る

(2)自己流経営スタイルの「変革化」
〜経営者の経営スタイル変革による会社力強化〜

経営者がナレッジを活用されると、社員や関係者の知恵を最大限に活用する「ナレッジ型」の経営になり、会社の業績向上や発展・持続性が実現できます。

【用途例】
□ 取引先やお客様の声をビジネスに反映させたい。
□ 今まで自己流できた経営をステークホルダーの知恵を活かせる経営に変革させたい。
□ ステークホルダーの知恵を活かせる価値創造のペースとなる経営理念・ビジョンをつくりたい。
□ ステークホルダーの知恵を活かせす変革経営のビジネス構造を構築したい。
□ 確実に成果の出る価値創造プロセスを体得し実現したい。
□ J-SOX対応したい。

▲ 戻る

(3)ワークスタイル変革の「徹底化」
〜社員のワークスタイル変革による基本能力向上〜

企業の価値創造のためのワークスタイルが確立でき、社員の増加や入替わりがあっても組織のパワーを発揮できます。

【用途例】
□ 価値創造の基本前提となる理念・ビジョン・行動指針を明確にし社内で徹底したい。
□ 業務共通のワークスタイルを改善したい。特にファシリテーション技術を身につけたい。
□ 業務固有のワークスタイルを改善したい。
□ 真のソリューションアプローチを実行したい。
□ 自己啓発の方法を提起したい。

▲ 戻る

(4)企業固有成功法則の「共有化」
〜ベストプラクティス共有による成長と業績向上〜

「できる社員」が現場で培った知恵を「見える化」し、他の社員もその「成功法則」を共有・活用することにより全社員の成長・成果につなげられます。

<参考>
マンガ「企業成功法則の見える化」
クレーム対応の手順と秘訣他 サンプル2
【用途例】
□ できる社員の現場の知恵を「見える化」したい。
□ いなくなる社員の知恵を後継者に移転したい。
□ 社員教育の体系と方法を見直したい。
□ 社員研修をより効果的・効率的に実施できるようにしたい。
□ コンピテンシーを明確にして社員を成長させたい。

▲ 戻る

(5)新事業・新商品の「構想化」
〜ブレークスルー型アイデアによる新価値創造〜

新事業・新商品立上げにあたっても、有効なアイデアやアクションプランがどんどん出せてヒット商品や有望な新規事業が産み出せます。

【用途例】
□ 新規事業の立上げを効果的に進めたい。
□ 既存商品の改良や新商品の企画をしたい。
□ 代理店の仕組みを確立し活性化したい。
□ 企業合併後の新ルールや作業標準を確立したい。
□ 将来予想されるリスクに備えたい。

▲ 戻る

サービス提供実績

業種 導入企業
金融 日本銀行、三菱東京UFJ銀行、野村證券、日興コーディアル証券、東京海上日動火災保険、朝日生命、プロミス、JCB、日本政策投資銀行、みずほ銀行、ホンダファイナンス、日本みらいキャピタル他
情報 NTT東日本、NTTコムウェア、富士通、アドバンテスト、富士通エフサス、富士通ビジネスシステム、日立東日本ソリューション、セイコーエプソン、MCJ、クオリティ、ディーネット、KBMJ他
輸送 日本航空、日本郵船、DHLジャパン、オートコミュニケーション、ゼウス他
製造 トヨタ自動車、本田技研工業、タカラ、チッソ、中村電機製作所、豊栄工業、サンポット他
製薬 サラヤ、千寿製薬、大鵬薬品、中外製薬、グラクソ・スミスクライン、ビーブラウン、イーピーミント、広貫堂薬品販売他
食品 ヤクルト本社、雪印乳業、味の素、メルシャン、日本コカ・コーラ、エバービジョン他
小売 ファイブフォックス、洋菓子のヒロタ、WAVEインターナショナル、タマホーム、オートウェーブ、エアプラス他
出版 昭文社、宝印刷、ラテラネットワーク他
サービス 公益社、税理士法人PWC、コンパッソ税理士法人、CNSコンサルティンググループ、エムズコーポレーション、文教センター、LTS、ナウローディング、プレジデンツデータバンク、ザメディアジョン、アエルコーポレーション、ベンチャーエントリー他
教育・研修 JALアカデミー、富士通経営研修所、日米会話学院、ICS国際文化教育センター、武蔵野他
地方自治体 小金井市役所、狛江市役所他

このページの先頭へ


株式会社資産工学研究所
〒102-0083
東京都千代田区麹町1-6-9
DIK麹町ビル5F
TEL:03-5213-4655
FAX:03-5213-4679
Mail:info@iire.co.jp